売買契約に関するルールの見直し

今回の民法改正では,売買契約に関連するものとして,次のような点に
ついて見直しがされています。
売買に関する改正のポイント
◉ 売主が引き渡した目的物が種類や品質の点で契約内容と異なっていたり,
数量が不足していた場合(契約内容に適合していなかった場合)に,売主が
負う責任に関するルールの見直し
※ 賃貸借契約や請負契約など,売買契約以外の有償契約についても,その性質
に反しない限り,売買と同じルールが適用されます。
◉ 契約を解除するための要件の見直し
※ 解除の要件の見直しは,売買契約に限らず,契約一般についてのものですが,
ここでは売買を例にとって説明します。